>

探偵業には法律がある

実際にはどうしているの?

探偵が依頼される調査とは、具体的には情報を集めることです。
まずは登記簿などの公的な資料を入手して、基本的な情報を把握します。
公的な資料は正確性が裏付けられているものですから、よほどのことがない限り正しい情報が入手できます。
しかしそれでは、依頼された情報量には足りません。
そこで、もっと生きた情報を集めるために、尾行や張り込みを行います。
調査対象となる人物の職業や行動範囲、行動パターンなどを把握して、情報が収集できそうなポイントで張り込み、証拠になる写真や音声などを記録します。
実は探偵で、依頼があって仕事をしているのだ、という事を知らないと、周りから見ると怪しい人と思われてしまうこともあるようです。

警察に通報される

同じところで何時間も張り込みをしたり、対象者に見つからないように尾行することは、実はとても難しいことです。
職務質問をされたことのない探偵はいない、というほど、誰でも一度は職務質問される経験を持っています。
職務質問を受けるパターンは二つあります。
一つは、パトロール中の警察官に職質されるケースです。
これは、言ってしまえば運のようなものですね。
もう一つは、近隣の住民などから警察に通報されるケースです。
通報される場合、明らかに「怪しい」と思われているわけですから、仕事にも支障が出てしまいます。
まして、調査業務は対象者に気づかれないように行うものですから、制服を着た警察官に職質をかけられていれば目立ちますし、実際に調査業務が台無しになってしまった例もたくさんあります。


この記事をシェアする

トップへ